TOP > 南房総がんばる企業(求人情報) > 武山林業【求人】

武山林業【求人】

武山林業
豊かな南房総の山に抱かれて生きる‼
自然と共に働く男達

 
作業場の山の風景

【静かな山が仕事場】

 
南房総に住む人に、南房総の魅力を問うと「山があって海があって自然がいっぱいあるから好き」と答えが返ってきます。やっぱり南房総の魅力は何と言っても、緑の山々と青い海が調和した風景。自然や癒やしを求め、居たいと思える場所が南房総にはあります。
そんな何気ない風景が魅力的に感じるのは、そこで頑張る人の存在があるからこそ。南房総の山の恵みに生き、頑張っているのが今回ご紹介する「武山林業」です。
 

自然と対話し、山を守る!

360度木に囲まれた風景の中で響く重機の音。自由自在にプロセッサー(※)を操作するのは代表の武山冨士雄さん。生まれ育った南房総の山を拠点に、育った木を収穫する仕事を生業としています。
 
プロセッサーを使用しての作業風景

【プロセッサーを使用しての作業】

 
驚くことに創業してからはまだ2年しか経っていません。それまでは森林関係の団体職員を33年間務めた後、公の施設管理・運営を請け負う企業で5年ほど勤務をしていました。
 
しかし「このままで良いのか、これから先自分に何ができるのか。」そんな葛藤する日々を送る中、林業で実績のある栃木県の企業「株式会社トーセン」との出会いがありました。その下請けとして、それまでの経験を活かせる「武山林業」を立ち上げたのです。
 
南房総市の創業支援セミナーにも参加し、創業に関する知識を学んだそうです。「生まれ育った南房総で起業して暮らしていくためにも、市の制度を利用して頑張りたいと思った」と武山さん。いくつになっても学ぶ姿勢とやる気に満ちあふれた行動からも地元愛が伝わってきます。
 
※プロセッサー:「造材機」とも呼ばれ、枝を払いながら規定の長さに切るアタッチメントの名前
 

林業の仕事とは?

身近でない林業の仕事がどのようなものなのか普段知ることができません。そこで武山さんに林業とは何なのかを伺いました。
 
急斜面の木を伐採する様子

【急斜面の木を伐採:提供写真】

 
「種から苗を作る→その苗を植えるところを作る→植えた苗を育て上げる→育て上げたものを収穫する→収穫したものを加工する→加工したものを流通させる、そこまでが林業の仕事です。」と武山さんは説明をしてくれました。
 
トラックへの積み込み作業

【トラックへの積み込み作業:提供写真】

 
武山林業は、栃木県の企業「株式会社トーセン」の下請けとして、木の収穫作業を請け負っています。木を切って、加工しやすい規格の長さにそろえるまでを収穫と言い、その後トラックが来て積み込み作業をして運ぶのですが、武山林業は「収穫する」ところだけに特化して仕事をしているのです。
 
チェーンソーで手切り作業の様子

【チェーンソーで手切り作業】

 
機械を使用して切り倒しをする作業のほかに、チェーンソーで玉切りをし、切った木を引き出す作業もあるとか。
 
チェーンソーで手切り作業の様子

【急斜面を伐採したあとの様子:提供写真】

 
急斜面の山肌に添って「どこの木をどのように切るか」を判断して、順番に切り出していく様は圧巻。危険も伴うので慎重に作業を進めていくことが大切です。
 
現在は君津市の国有林で作業を行っており、ここでは76年経った木を収穫しているそうです。
 
切った木の積み上げ作業

【切った木の積み上げ作業】

 
取材日はあいにくの雨でしたが、それでも作業は続きます。重機の操作はキャビン(操縦席)の中なので雨の日でもできるそう。雨でも危険がない作業を選んでしています。
 
「大変なお仕事ですね」と声をかけると「仕事で大変じゃないものはない」と一言。武山さんの仕事への責任と誇りを感じました。
 

信頼関係からつながる特殊作業の仕事は誇り!

人づてに依頼される仕事には普段の伐採作業でない特殊なものがあるそうです。レッカー車や高所作業車が入れない場所での作業の場合は、高い木に武山さん自ら登ります。
 
雪山での作業

【登っているのは武山さん:提供写真】

 
以前、長野県安曇野の温泉で露天風呂から中央アルプスが望めるようにしたいとの要望に、24~25m程の高い木に爪のついたスパイクで登り、木を伐採しました。木の上でチェーンソーを使うため、大変な危険を伴います。誰にでも簡単に出来ない仕事だからこそ、武山さんに依頼があったのでしょう。千葉県外の景観造りにも武山さんは高い技術で活躍しています。
 

山の恵みもいただいています

長い年月をかけて育てた山の中には自然の恵みがいっぱいあるそうです。
 

収穫したキノコ

【秋の味覚のキノコがたくさん!:提供写真】

手作りのクリスマスリース

【手作りのクリスマスリース:提供写真】

 
珍しい花が咲いていたり、種類豊富なキノコも採れたりします。
山で採れたどんぐりや木の実で、ナチュラルでかわいい小物作りもしている武山さん。大きな重機を操る仕事からは想像がつかないほど、繊細な出来栄えにビックリ!
 
この素敵な作品は販売はしておらず、知人やお世話になった方への贈り物にしているそう。既製品にはない手作りのぬくもりが伝わってきますね。
 

台風の被害と山の現状

令和元年の台風災害では、南房総地区にも大きな被害がありました。家の瓦が飛び、壁も崩れてしまった家が多くあり、令和2年となった今もブルーシートが掛かった家が目立ちます。
 
山も例外ではなく、多くの木々がなぎ倒されてしまいました。何年も経った大きな木が倒れてしまう台風の威力は想像だに出来ません。規律正しく並ぶ木の風景はなくなってしまい、無残に折れたその姿は、見ているだけで心が痛みます。
 
道路などの生活圏に倒れ掛かってしまった木はどけなければなりません。また、山の中の倒木は元気な木の成長にも悪影響が及ぶので、山を守るためにもそのままにはできません。
 
そこで武山さんの出番です。作業中の現場を中断して被害にあった富浦町の山で倒木の片付けも請け負っています。「生まれ育った南房総のため」との言葉にここでも武山さんの地元愛を感じました。
 
徐々に…いや急速に、南房総は復興しています。それは武山さんをはじめ、頑張ってくださる方がたくさんいるからこそ!これからも南房総は素敵な場所であり続けるに違いありません。
 

自分にできる?林業の仕事

身近な職業ではない林業の仕事に興味を持ったら…できるのか?未経験者が「やってみたい」と思っても良い職種なのか?といった不安もありますよね。
 
「林業を目指すきっかけはなんでも良い。機会は平等、評価は公平。」と武山さん。「最初から無理とかダメとは決して言わないです。そんなのやってみないと分からないじゃないですか。私が決めることではないですよ。」と笑います。
 
向いていると思う人材は、「自立している人、他の人にも目を向けられる人、周辺環境の整備ができる人、危険を伴う仕事なので危険を判断して自分から動ける人」だと話す武山さん。
 
林業の仕事をするうえで、自分や家族がどのような生活をしていくのかを考えることも大事なポイントだそうです。「主たる作業ができる人は取り巻く環境にも目を向け動くことができる」と経験上の言葉です。
 
「自分が山や先輩から教わったことを誰かに教えることは当たり前!それが使命」大きな心を持ち、その人が秘めた可能性を信じてくれる、まさに父親のような存在。そんな武山さんの元ならやりがいのある有意義な仕事ができるでしょう。
 
また、山に関する仕事は、伐採などの作業はもちろん、森林計画、森林ボランティアの指導訓練、ガイドなど、多岐にわたります。やる気があればさまざまな道が開ける仕事ではないでしょうか。
 
石井さん(左)と代表の武山さん

【石井さん(左)と代表の武山さん】

 
現在は従業員の石井さんと武山さんの2人で作業している武山林業。
千葉県で森林が占める割合は広大で多くの人材が必要とされ、山の男の活躍はまだまだ続きます。
 
これから山を守る大事な仕事として、一緒に活躍してくれる方の応募をお待ちしています。
 

求人情報

【仕事内容】
林業作業の仕事です。
・立木の伐採
・丸太の造材
・巻立(丸太を積み上げる)
・軽トラック、ワンボックスカー(MT車)運転
就業時間:8:00~17:00
休憩時間:90分
時間外:なし
休日:月8日程度、年末年始、夏期休暇
年間休日:105日
日給:8,500円~15,000円(応相談)
月額平均:184,450円~325,500円
日給×勤務日数で計算しています。
必要な免許・資格:普通自動車運転免許(AT限定不可)
資格取得制度あり
〒299-2725
千葉県南房総市和田町黒岩142
090-8741-7942(武山)
※お気軽にお問い合わせください。
作業中電話に出ることが出来ない場合があります。
その時はSMSでメッセージを送ってください。折り返しご連絡します。
 


 
 

ギャラリー

 

切り出したた木

【切り出した木が並びます】

プロセッサーを操縦する武山さん

【プロセッサーを操縦する武山さん】

 

山に咲く花

【山に咲く花:提供写真】

南房総の海で拾ったタカラガイ

【南房総の海で拾ったタカラガイ:提供写真】

 

木の実で作った作品

【木の実で作った作品:提供写真】

愛らしいどんぐり

【愛らしいどんぐりで!:提供写真】