TOP > 南房総がんばる企業(求人情報) > 株式会社インターコムR&Dセンター【求人情報】

株式会社インターコムR&Dセンター【求人情報】

海と自然と共存するIT企業
今日も千倉で頑張っています!

 
インターコムR&Dセンターの外観画像
きらめく千倉の海から直線距離でおよそ300メートル。潮風がほどよく通ります。
「株式会社インターコムR&Dセンター」は、そんな気持ちの良い場所にあります。
コンセプトは「まち」・「ひと」・「しごと」を創生。
 
インターコムR&Dセンターの木造の天井
暖かみのある木造の社屋。天窓があるオフィスの中で、スタッフのみなさんは今日も生き生きと働いています。
 

この「まち」でがんばろう!

 
「なぜ、すべての業務を東京でやらなければならないか?」
千倉出身の高橋啓介社長のこの問いかけが、ご自身の故郷に会社を起こすきっかけとなりました。
高橋社長は1982年(昭和57年)東京都内で「株式会社インターコム」を設立。移り変わりの激しいIT業界の中で、健全な経営を続けてこられました。そして2016年、グループ会社として「株式会社インターコムR&Dセンター」(以下「インターコムR&D」とします)を創業。「まち」・「ひと」・「しごと」を創生すべく第一歩を踏み出し、今日に至っています。
 
地方シフトにあたって候補地はたくさんありました。最終的に千倉が選ばれたのは東京との交通の便のよさ。そして南房総市長の「歓迎の心意気」だったそうです。
 
千倉の町にしっくりとなじんでいるインターコムR&Dのオフィス。実は保育園統合により使われなくなった旧ちくら保育所をリフォームして使っています。
 
インターコムR&Dセンターの会議室の画像
テレビ会議もできる会議室は、よく見ると一部が畳敷きになっています。元は乳児室でした。
 
インターコムR&Dセンターのオフィスの画像
広々としたオフィススペースもよく見ると低めの舞台が。元はお遊戯室でした。
 
インターコムR&Dセンターの廊下の画像
子どもたち用だった小さなトイレや、遊具が残る園庭はオフィス用に整備されました。
この会社のみなさんはどう感じていらっしゃるのでしょうか。
・・・みなさん、喜んでいます。
地元で採用された方も都市部からのIターン、Uターン組も南房総での生活を満喫しているとのこと。
「通勤時間が短い!」「気持ちがゆったりしてストレスが激減」「車で移動する生活が快適」「自然が豊かで最高」「家を買った!」・・・などなど。
この町を好きになり、仕事への意欲も増すばかりです。
 

「ひと」こそ土壌 事業の花を咲かせるために

 
コールセンター、パッケージの配送、ソフトウェアの開発・テスト。この3つがインターコムR&Dの事業の柱です。現在は親会社がアウトソーシングする仕事のみこなしていますが、今後、外部から仕事を受注して自社だけで利益を上げていくことを目指しています。
そのためにインターコムR&Dが今、力を注いでいるのは「採用と教育」。
2019年1月現在で社員数32名ですが、ゆくゆくは100名規模にするのが目標。
会社設立当初は人の採用に苦戦しましたが、現在、応募者は増加傾向にあります。新年度から5名の新卒採用者が入社しますが、今後も随時採用していきます。
このご時世に、本当に旺盛な採用ぶり!
未経験の若い方はもちろん、貴重な経験やスキルをもつU・Iターン希望の方にも門戸は開かれています。
「求める人材像は?」と聞くと「元気があってめげない人!」とのお答えが。
 
採用の次は教育です。
インターコムR&Dの事業を拡大していく原動力は「サポートの品質を上げること」。そのためには社員ひとりひとりの能力・スキルが上がることが何より大切であると考えています。
そのためには、何をすればよいのか。
資格取得のバックアップも行っています。(ITパスポート試験、情報セキュリティマネジメント試験、他)
 
コールセンター業務では、習熟者の応対を追うことが何よりの新人教育です。
コールセンター業務の様子
ヘッドセットを使用して、新人が習熟者の応対をリアルタイムで聞けるようにしました。この方法により、効率よく応対の仕方を学び、商品知識を身につけることができるようになりました。
 
こうした技術、知識の取得の他、教育にはもう一つの側面があります。
それが人事評価制度で、インターコムR&Dは手を抜くことなくしっかりと行っています。
年に2回、評価シートに基づいて査定して賞与に反映、上司からのフィードバックもあります。それとは別に人事担当者との面談もあり、仕事面、私生活の相談も受けつけています。
 
「ひと」の創生もインターコムR&D設立コンセプトの柱。
教育のためには待遇面での後ろ盾も重要です。サービス残業に追われたら人は育ちません。
インターコムR&Dではサービス残業は一切なく、残業手当は1分単位で保証されます。
こうして今「ひと」という土壌を肥やすよう、がんばっています。
 

「しごと」の花をたくさん咲かせます

 
インターコムR&Dは今後、コストセンター(直接利益を生まない事業部門)からプロフィットセンター(事業の中で利益を生む部門)へと大きく転換します。
ネット通販ビジネスへのチャレンジ、ソフトウェアの品質検査の受託(インターコム以外の企業から)、コールセンター業務の受託などが具体的な事業内容になります。これからたくさんの「しごと」の花が咲くでしょう。
 
潮風の吹く温暖な花の町、千倉。
インターコムR&Dはこれから「ひと」を育て「しごと」という花を咲かせて「まち」に貢献できるよう、これからもがんばります。
 
この会社で働きませんか?
ご連絡をお待ちしております。
 
お電話は採用担当の鈴木さんへ
0470-28-5666
 
メールによるお問い合わせは、株式会社インターコムR&Dセンター「採用情報」のページの「お問い合わせフォーム」から
 
※「採用情報」のページには「応募フォーム」も用意しています。直接ご応募いただいても構いません。
 

【求人情報】

 
勤務地:千葉県南房総市千倉町平舘759-1
職種:コールセンター(インターコムのソフトウェアの電話・メールによるユーザーサポート、品質テスト)
  :ソフトウェア開発・検査
(パッケージ商品の新規開発・カスタマイズ開発、ソフトウェアのテスト設計・テスト実行)
雇用形態:正社員
勤務時間:8:50~17:20(実務時間 7.5時間)
※インターコム(東京)研修時 9:00~17:30(実務時間7.5時間)
(残業時間:月平均20時間未満)
給与:月給170,000円~250,000円(経験・能力考慮)
※高校卒:158,000円~ 専門学校卒:167,240円~ 大学卒:174,620円~
賞与:年2回(夏季・冬季)
休日:完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、夏季休業(年間休日120日)
待遇:交通費支給、残業手当別途支給、社会保険完備、研修時の住宅補助
問い合わせ先:0470-28-5666(担当:鈴木)
 
採用情報の詳細は株式会社インターコムR&Dセンター「採用情報」のページをご覧ください。
 


 

ギャラリー

 

下駄箱の画像

【保育所の名残・・・下駄箱も活かしています】

職場内部の画像

【真剣に、でも温かさを持って業務に邁進】

 

社員の作業風景1

【仕事中の社員 日日成長】

社員の作業風景2

【仕事中の社員 毎日が学び】

 

社員の作業風景3

【仕事中の社員 責任もうれしい】

配送作業室の様子

【配送業務の様子。整然としています】