TOP > 南房総がんばる企業(求人情報) > ハクダイ食品有限会社【求人】

ハクダイ食品有限会社【求人】

ハクダイ食品有限会社
千倉の海とともに、「伝統の味」を伝え、守る。

ハクダイ食品の店舗外観

【自社店舗外観】

 
「くじらのたれ」という食べ物をご存じでしょうか?液体調味料の「たれ」ではなく、クジラ肉をたれに浸けて干したものが「くじらのたれ」です。南房総定番のお土産物としても知られ、地元住民には「くじらのたれ」が大好物!という人も少なくありません。
 
そんな「くじらのたれ」を製造販売しているのが、今回ご紹介するハクダイ食品。長い歴史のある「くじらのたれ」を今も作り続け、南房総の伝統の味を守っているのです。
 

江戸時代から伝わる「くじらのたれ」

天日干しされるくじらのたれ

【天日干しされるくじらのたれ】

 
「くじらのたれ」は、江戸時代から南房総に伝わる伝統的なくじら料理です。
 
手のひら大にスライスしたクジラの肉を、醤油などをベースにした秘伝の「たれ」に一晩漬けこみ、天日で干します。見た目はお肉を使ったジャーキーに似ていて、一見してくじらだとは気づかないでしょう。
 
網に乗せて直火で両面を炙って裂いて食べるのが、定番の食べ方。くじらのうまみとたれの味が絶妙に合わさり、なんともいえない美味しさですよ。味が濃いので、お酒のオツマミにピッタリで、BBQのお供にもおすすめ。地元では、ご飯のオカズにする家庭もあるそうです。
 

進化させ続ける「伝統の味」

1928年に設立された「くじらのたれ」の老舗であるハクダイ食品では3種類の「くじらのたれ」があります。昔ながらの固さを再現した「くじらのたれ・わらタレ」、やわらかめで食べやすい「くじらのたれ・ソフトタイプ」、独自に開発した焼き方で焼いてあり炙らずそのまま食べられる手軽な「くじらのたれ・そのまま」。いずれも、贈答品やお土産にと、パック入りになっています。
 
固さや食べ方など、伝統の「くじらのたれ」を現代に合わせて進化させ続けているハクダイ食品。「くじらのたれ」が南房総地域内外から愛され続けるのも、こういった努力の成果ではないかと思います。
くじらのたれのアップ

【伝統と工夫が生きる】

 
さらに、2018年には、「道の駅 ちくら潮風王国」に「市場食堂 せん政水産」をオープンさせました。くじらの竜田揚げやくじらの刺身、くじらカツカレー、大きなアジフライなどが人気商品。より多くの人に南房総の伝統の味を広めています。
 

地元鮮魚の干物も人気

「くじらのたれ」以外にも、自社で製造販売する人気製品があります。それは、地元鮮魚を使った干物です。南房総地域や千葉県内から選りすぐりの鮮魚を仕入れ、自社工場で一枚一枚ていねいにさばき、干物にしていきます。工場内で鮮魚の加工からパッキング工程までが一貫して行われるので鮮度が落ちず、おいしい干物になるのです。
自社工場内で魚をさばく

【自社工場で手際よくさばかれていく魚】

 
魚は旬の魚を使い、黒潮に育まれた千葉県沖のマアジやキンメダイ、イカなどがメイン。魚それぞれに合わせた製法で作られた干物は、大手百貨店や大手居酒屋でも使われています。また、南房総市のふるさと納税の返礼品にも選ばれ、人気を得ています。
ハクダイ食品の店舗外観

【鮮度をキープする真空パックで販売されている】

 

海の近くで、魚に触れる仕事を

ハクダイ食品の自社工場兼店舗は、南房総市千倉町の海のそばにあります。ドライブロードとしても人気のフラワーライン沿いにあり、蔵のような外観に「くじらのたれ」の文字が目印。天気の良い日には、「くじらのたれ」が干してありますよ。車やバイクで訪れる観光客はもちろん、自宅用や贈答用に商品を買い求める人も多く訪れます。
ハクダイ食品ののぼり

【赤いのぼりも目印】

 
事務所を兼ねている店舗内には、自社商品をはじめ、くじら商品が並んでいます。また、地元のお土産品もそろっています。店舗奥には自由に使えるトイレと明るく開放的な休憩コーナーがあり、おもてなしの気持ちが伝わります。ここでは、商品の販売と事務作業が行われています。
ハクダイ食品事務員たち

【笑顔の事務スタッフ】

 
すぐ隣にあるのが自社工場です。管理された工場内では、魚をさばき加工する場所、干し加工とパッケージングをする場所、発送作業を行う場所があり、製品の一括管理が行われています。テキパキと働く従業員さんの姿が印象的でした。
ハクダイ食品事務員たち

【笑顔の事務スタッフ】

 
主な職種は、工場内での水産物製造、地域内外への配達、事務所内での事務作業。道の駅の「市場食堂 せん政食堂」での調理の仕事もあります。従業員は20代から70代までで、女性が多く、外国人の従業員もいるそうです。
 

「やる気があれば大丈夫」

ハクダイ食品大川社長

【大川社長】

 
気さくな笑顔が印象的な大川社長に、求める人材を聞くと、「やる気があれば大丈夫だよ。魚が好きな人とか、料理が好きな人だと、なおいいね。」とシンプルに答えてくれました。従業員にも気さくに声をかける様子からも、眼下に広がる太平洋のようにおおらかで風通しの良い社風が感じられました。
 
千倉海岸

【雄大な千倉の海】

 
 
潮風の香る千倉町で、南房総の「食の伝統」を守る仕事をしてみませんか?興味のある人はぜひ一度問い合わせをしてみてください。
 


 
問い合わせ:0470-44-3608
0470-44-3608
 
【求人情報】
募集職種:水産物製造、配達、調理、事務
勤務形態:正社員・パート
勤務場所:南房総市千倉町白子1539(調理の場合は、道の駅ちくら 潮風王国内)
待遇:社会保険完備
問い合わせ:TEL0470-44-3608(大川)
公式HP:http://hakudai.com/
 

ギャラリー

 

真空パックの様子

【真空パック作業も自社工場内で】

加工前のアジ

【これからさばかれる新鮮なアジ】

 

魚を加工する作業員
【機敏に作業する】