TOP > 南房総的起業人 > PONO CAFE 釜井由紀さん

PONO CAFE 釜井由紀さん

 
2019年12月1日千倉駅近くに青い建物が印象的なカフェがオープンしました。
カフェとドッグサロン(犬のトリミング・ホテル・トレーニング)との複合施設でドッグサロンは若林さんが運営、カフェは友人の釜井さんが運営されています。
 
ドッグサロン(ドッグトレーナー・トリマー・ホテル)を運営する若林 麻美さんはこちら
 

   
■ご出身と経歴をお願いします。
出身は愛知県。千葉県松戸市で育ちました。
仕事では外資系大手コーヒーチェーン店に6年半勤務。その後、バリスタになるため都内の複数のコーヒーショップで修行しました。ハンドドリップ、ネルドリップ、ラテアート、エスプレッソ、イタリア系エスプレッソなど様々な事を学びました。
 
COFFEE VALLEYとCOBI COFFEEに在籍中、2016年UCCコーヒーマスターズ(https://www.ucc.co.jp/academy/coffee-masters/2016/)に出場し、ハンドドリップ部門の大会で全国優勝することができました。コーヒーの抽出技術や接客技術・パフォーマンスの練習に付き合ってもらうなど、勤務先には絶大なサポートをしてもらい大変感謝をしております。
 
コーヒーショップ勤務の後はコーヒーマシンメーカーに勤務し、2019年10月に南房総に移住。2019年12月に若林さんのドッグサロン内でPONO CAFEを開業しました。
 

 
 
■カフェPONOのオーナーである若林さんとはどうやって知り合ったのですか?
私と若林さんはペットの専門学校の同級生でした。社会人になってからずっと会っていなかったのですが、SNSではつながっていました。私がコーヒーマスターズで優勝したことがきっかけで7年半ぶりに再会しました。
 
3年前に移住した若林さんから「遊びに来なよ~」と連絡があり、その時初めて南房総に旅行に来ました。
この時点では移住について考えておらず、いつかは南房総のような自然あふれる場所でカフェを開業してみたいと思ったのでした。
 
それから3年後、縁があり若林さんのお店でカフェを開業することとなりました。

 
 

 
 
■開業までに準備したことなどを教えてください。
それほど準備はしていませんが、食材探しには少し時間がかかりました。当初は地産地消のお店にしようと思っていたのですが、台風の影響で予定が変わってしまいました。
 
■開業後予想と違っていたことなどはありましたか
複数店舗でカフェ勤務の経験があり、様々なパターンを考えていたのであまり想像と違ったという事はありませんでした。
■お店の特徴を教えてください。
こだわりのスペシャリティコーヒーの豆を仕入れ丁寧にハンドドリップしています。
手作りで体に優しいをコンセプトにしています。
たくさん食べても体が疲れないように、無添加の食材を使った野菜たっぷりのモーニングとランチを提供しています。
 
モーニングを始めたのは、若林さんご夫婦がサーフィンをやっていて「モーニングがあったらいいな」と冗談半分に話していて、サーファーは早起きなのでモーニングがあれば便利なのではと思いやってみることにしました。南房総周辺で朝7:00から営業しているお店は見かけません。ここをきっかけに南房総でもモーニングというスタイルを取り入れてくれたらと思います。
 

 
 

 
 
■釜井さんが考える南房総市の魅力とは?
海と山が近く自然を身近に感じます。朝起きてからトンビがたくさん飛んでいる光景には驚きました。海が近いから寒いのだと思っていましたが、南房総市は冬でも温暖です。
 
また、時間の流れがゆるやかで人も穏やか、困ったことがあると知り合いでなくても助けてくれるのでとても助かります。
 
■これからやってみたいことなどがありましたら教えてください。
南房総はコーヒー文化が定着していません。私はコーヒーを自分で飲むのが大好きですが、それ以上に人に飲んでもらうのが好きなので、学校や施設などでイベントを開催したいと思っています。最近では、南房総市白子の道の駅ローズマリー公園の「ありがと!ぱんまつり」に出店しました。
 
東京の青山では「TOKYO COFFEE FESTIVAL」という1日に2万人以上が来場する国内最大級のコーヒーのお祭があり、これを南房総でやるのが私の夢です。
 
■南房総市への移住や起業を検討されている方に向けてアドバイスなどがあればお願いします。
南房総市は人と人との結びつきが強く、インターネットよりも情報が早く伝わります。顔を合わせて話をしながらチラシを配ると、友達を誘って来店してくださることも多いのでおすすめです。