TOP > 南房総的起業人 > Fisherman’s house Araking&漁師 荒木宏一さん【Iターン】

Fisherman’s house Araking&漁師 荒木宏一さん【Iターン】

温暖の気候で知られる南房総市千倉町は漁業と農業が盛んな地域です。南房総市は「漁業 求人」のインターネット検索が多い地域ですが、移住して漁業で生計を立てる方は多くはありません。今回は2013年に移住して漁業と民泊業を営む荒木 宏一さんに漁業権取得までの道のりをうかがいました。

荒木 宏一さん

【荒木 宏一さん】

イセエビを網から外す様子

【イセエビの外し方】

■ご出身と経歴をお願いします。
 
生まれは東京都文京区で、育ちは東京都江東区です。社会人になって貿易会社で海外営業の仕事に就きました。その後ドイツ半導体の外資会社に転職。太陽光のシリコンバブルなどもあり、それまでは右肩上がりの人生でしたが、半導体事業不振により日本の工場が閉鎖され、約600人が解雇されました。そして私もその1人となりました。リストラ後、日本の商社で約2年ほど働いていましたが、人生観が変わり半信半疑で仕事をするようになってしまったことから思い切って退職し、漁師を目指して南房総市へ移住して第二の人生を歩むこととしました。
 
■南房総市へ移住をしようと思った経緯を教えてください
 
私はサーフィンやウインドサーフィンなど海が大好きで、漁師という仕事に憧れがありました。どうせ脱サラするなら漁師になりたいと思いました。移住先は、第一候補が南房総市でした。移住した決め手は、気候が温暖で海水温が高いことや、リーフポイント(岩場)が多く一定の波が立つなどサーフィンに向いています。南房総市の海は、ハワイに似た雰囲気があり間違いなく関東一のサーフスポットです。
 

南千倉海水浴場

【南千倉海水浴場】

千倉の海でサーフィン

【千倉の海でサーフィン】

 
■移住前に準備などはされましたか?
 
漁師になるため船舶免許を取得したのみで、ほとんど準備もせず半ば強引に移住してしまいました(笑)。
 
■南房総市には移住支援や起業支援制度がありますが、このような制度は利用しましたか。
 
自己資金で何とかやりくりしたので支援制度は利用していません。
 
■移住者が漁業権を取得するのは時間と信頼が必要と聞いたことがあります。漁業権を取得するまでの様子をお聞かせください。
 
定置網の漁師の募集があり応募したのですが、年齢制限が40歳、当時の私の年齢が45歳だったので最初は断られてしまいましたが、それでも諦め切れず、再度お願いをして、なんとか3ヶ月は見習いということで雇って頂けることが決まったので、すぐに南房総市に引っ越しをしました。定置網は重労働ですが、漁は最高に楽しいです。大漁の時はアドレナリンが出まくります。(笑) 漁師になって5年目に椎間板ヘルニアを発症してしまいました。ブロック注射などの治療をして漁師を続けていましたが、椎間板ヘルニアが再び悪化してしまったので仕方がなく一旦職を離れ、治療に専念することとにしました。
 
「漁師になりたい!」という夢をどうしてもあきらめることができず、痛みが治まってくると白間津漁師の先輩のもとで見習いとしてお手伝いをするようになりました。漁に関して色々と教えて頂きました。
その後、今でも大変お世話になっているIさんより漁業権申請書の紹介欄に記入頂き、晴れて漁業権を取得することができたのです。
 
定置網の仕事を5年、身習いとして1年、6年かかって念願の漁業権が取得できましたが、現在でもIさんから多くの仕事(漁師、海士)を教えて頂いております。また注意を受けることが多々あります。漁師の仕事は命に直結することが多ので本当に感謝しています。Iさんには足を向けて寝れませんね。(照れ笑)
 
漁業共同組合は組織として一定量の水揚げがないと運営を続けて行くことができません。漁業権を取得しても漁に出なかったり、簡単に辞めてしまったのでは組織が崩壊してしまいます。漁業権を取得するには漁師として一生生計を立てるという決意が必要であり、地元漁師達からの信頼が必要です。信頼は口先だけで得ることはできません。信頼を得るのに時間がかかるのは当然のことなのです。
 
■現在のお仕事の様子を教えてください。また、漁師民泊の特色などもお願いします。
 
<漁師民泊>
「Fisheman’s house Araking」は一日一組限定の一棟貸し、漁師のプレゼント付きの宿です。ご希望であれば、漁業体験、農業体験ツアーなどを実施しています。広いウッドデッキでBBQや天体観測、魚のさばき方教室、刺身、ナメロウ作り(有料別途2千円/人)などが楽しめる体験型宿泊施設です。小さい露天風呂もあります。

Arakingの外観

【宿泊施設は房総フラワーライン沿いです】

宿泊部屋

【宿泊部屋】

 

ウッドデッキとBBQ施設

【ウッドデッキとBBQ施設】

宿泊部屋

【宿泊部屋】

 

露店風呂

【露店風呂】

農業体験

【農業体験】

 
<漁師>
6月~7月は刺し網(伊勢海老漁、サザエ漁)ができないので、潜り(あわびのみ)と釣り(ハタ、カサゴ、タイ)をやっています。8月は刺し網、潜りが全部できるので、大変忙しくなります。9月~5月は潜りが無、刺し網漁をやります。網がかけられない日は釣りをやっています。
 

水揚げしたサザエ

【水揚げしたサザエ】

水揚げしたイセエビ

【水揚げしたイセエビ】

 
■南房総市へ移住して感じたことをお聞かせください。
 
気候が温暖で住むには最適、特に海好きの方には最高の場所です。南房総市へ来て人生の価値観が変わりました。都会に住むには現実問題としてある程度のお金がないと精神的な充実感は得ることができませんでした。しかし、南房総市では、魚と野菜を交換したり、畑を借りて野菜を作ったり、お金をかけなくても楽しく暮らせ精神的充実感を得ることができます。また、人や地域の交流も多く、房州は個性的で魅力的な方が多いと感じます。
 
 

夜明け前の白間津

【白間津の海】

白間津大橋

【白間津大橋】

 

白間津の港

【白間津の港】

帰港する船

【早朝に帰港します】

 
■宿泊のイベントや6次産業への取組みなど、これからやってみたいと思うことなどがありましたら教えてください。
 
宿泊施設で漁業や農業など一次産業の体験ボランティアを開催することで、6次産業推進のヒントや足がかりを築けたらと思います。以前に台風復興の農業ボランティアを募ったら多くの方応募があり楽しんでいただけた例もあります。やってみなければわからない部分もありますが、体験を通じて少しでも漁業や農業に関心を持つ方が増えるのを望んでいます。
 
■南房総市への移住や南房総市での起業を検討されている方へ向けてアドバイスなどがあればお願いします。
 
新しいことをやろうとすると反対もありますが、信念を持って来て欲しいと思います。あきらめずにやり続ければ業種は違っていても新しい出会いがあり協力してくれる人が出てくるものです。そして自分自身の人生を楽しんでもらいたいです。Life is an adventureですね。(笑)
 
 


 
【名称】Fisherman’s house Araking
【住所】〒295-0027 千葉県南房総市千倉町白間津454
【電話予約】0470-37-9105
【Webサイト】フィッシャーマンズハウス アラキング