TOP > 南房総的起業人 > 第31回  あわみなこドットコム 井上 美奈子さん

第31回  あわみなこドットコム 井上 美奈子さん

■ご出身とこれまでの経歴(プロフィール)を教えてください
 
生まれは東京は浅草。育ちは千葉県松戸市です。
働くようになってからは、ほぼ都内に在住、勤務していました。
 
大学では西洋哲学を専攻、卒業後ソフトウェア開発会社(現:株式会社CAC)に技術員として入社しましたが3年半で挫折。その後は電話交換機のマニュアル作成、業務マニュアルや操作マニュアルの作成、事務、汎用機のオペレータ、カード会社の電話オペレータなど、いろいろな仕事をしました。
 

<仕事場の様子>
 
の画像 の画像

 
■南房総市へ移住された経緯をお教えください
 
母親の実家が館山市にあり、子どものころからよく行き来していました。館山(に限らず南房総界隈)が大好きで、いつか住みたいと思っていました。
 
40代になってから結婚しましたが、その数年後、和田に家を持っている叔父が「家が一軒空いているから住まないか? 今なら(私の夫の)仕事の世話もできるよ」と声をかけてくれたのがきっかけ。仕事のほうは残念ながら決まらなかったのですが、「移住熱」に火がつき、勢いあまって夫婦して仕事を捨てて引っ越してきてしまいました。2014年3月のことです。
 

<自宅の2階からは海が一望できます>     <船形港周辺の猫の保護活動にも参加しています>
 
の画像 の画像

 
■南房総市で個人事業を起こそうと思ったのはどのような理由からですか?
 
もう、お勤めが嫌で嫌で。
私の場合、どうもお勤めとは縁がないようでした。私の方で「ここで長く働きたい」と思うと、決まって事業所がなくなったり、プロジェクトがこけたりと、先方の都合でダメになりました。
 
とりあえず勤められそうなところは人間関係が悪かったり、仕事がものたりなかったりして続きませんでした。辞めて後悔したのは新卒で入った会社だけです。
 
そうこうしているうちに、就職できそうもない年齢になってしまいましたが、もっと早くから自分で仕事をはじめるべきでした。「自分が自分のボスでありたい」とずーっと思っていたのです!
 
■起業するにあたりなぜ「IT」という職種を選んだのですか?
 
他にできることがなかったからです。しかも私はITのプロではありません。パソコンもユーザとしてなんとか使っているだけです。けれども、もともと人前で話すことや教えることが好きでした。
 
そして「この『私』がわかるように説明すれば、世の中のほとんどの人は理解できるはずだ」という信念(思い込み?)があり、地域のみなさまで、パソコンを使いたい方がいたらお手伝いできるのではないかと思いました。
 
またパソコン周りの仕事に限らず、私にできることであればなんでもやらせていただけばなんとかなるのではないかと考えた次第です。過疎が進んでいる土地なら、人材も不足しているはずですからね。
 
というようなことで独学でWebサイトを作り(個人用のと仕事用)、ご近所にチラシを配って集客をはかりました。が、ポスティングが思ったより大変でギブアップし、新聞に折込チラシを入れてもらったり、「広報 みなみぼうそう」に広告を出してもらったり、房日新聞に小さい広告を出したりしました。仕事はポチッポチッ入るようになりましたが「まだまだこれからだな。もっと営業活動をしよう」と思った矢先、南房総市主催の「新しい働き方セミナー」が開催されると聞き、受講しました。おもにクラウドソーシングの仕事のやり方について学ぶものでした。2016年は受講生として参加、2017年には地域ディレクターとして運営側に入れていただき、2018年は講師(初級講座のみ)として参加させていただきました。この講座のお仕事を通して、まず、クラウドソーシングで仕事ができるようになりました。
また、受講生仲間で「南房総ex-press」という情報発信サイト(通称:みなぷれ)を立ち上げそこでライターをしています。この「南房総ex-press」経由で少しずつですが、仕事も入ってきています。

 
<新しい働き方講座「クラウドソーシング初級講座」にて講師を務める井上さん>
 
の画像 の画像

 
■井上さんが考える南房総市の魅力を教えてください
 
自然が美しいところです。こちらへきて5年近く経った今でも、家の窓から「くじら山」の稜線が残照にくっきり浮かぶのが見えたり、海から朝日が昇るところを見たりすると感動のあまり鼻の奥がツンとします。
 
また人が少ないのがなにより。どこへ行っても待つ必要がないし、見知った顔に囲まれて生活でき、心が落ち着きます。あと「アバラが一本足りない」と言われる南房総人の気質も好きです。
 

<くじら山>                 <和田海岸の朝日>
 
の画像 の画像

 
■これからどのような会社にしたいと考えていますか?
 
これからは地元でクラウドソーシングの仕事、ライターの仕事をしたいと思っています。自分がそれで稼げればいいや、というのではなく、仕事を紹介し合うネットワークを作ったり、自分がディレクターになって仕事をコーディネートしたり、ということをしたいと考えています。
 
地元のメンバーでネット(クラウドソーシング)&リアル(クラウドソーシング以外)の両方で仕事が受注できるようになったら皆が「自分が自分のボスになる」が実現できて、きっと面白くなります。私自身はどちらかといえば登壇して人前で話したり説明したりするインストラクションの仕事が得意だし好きなので、そうした仕事をたくさんやってみたいです。記事を書くのも好きですよ!南房総在住ライター「あわみなこ」もよろしく。
 
このまま個人事業主でもよいですが、たくさん仕事をして法人化し「社長」と呼ばれてみたいかも。
 
■南房総市で起業を検討している方へアドバイスをお願いします
 
逃げ道を確保しておくことが大切。うまくいかなかったり、ここが自分に合わないと思ったら、さっさと引き上げるくらいの気持ちで取り組んだらいいと思います。あと楽しくないと続かないと思うので、自他に対する要求を低くして、のんびり田舎モードでやりましょう!
基本的に南房総市は人材不足です。
自分ができることをはっきりと周囲に伝え、自分が周囲の方の役に立ちたいという思いがあればなんとかなるのではないでしょうか。最初から1つの仕事で起業は難しいかも知れず、複数の仕事をかけもちして活路を開こうと腹をくくれば、怖いものはないでしょう(きっと)。
 
■最後に会社のPRをお願いします
 
商号を「あわみなこパソコンサポート」から「あわみなこドットコム」に変える予定です。キーワードは「クラウドソーシング」「ライター」「パソコンサポート」です。人前で話すことと、一人で書くこと、両方好きです。私ができなくてもできる人を探しますので、気軽にお声がけください。
 


 

あわみなこドットコム

 
【電話】080-6736-4166
【業務内容】
・パソコン相談
・Webページ(ホームページ)作成
・パソコンを使った事務作業
・クラウドソーシング講座
・ライティング(取材&執筆)
 
【Webページ】
ホームページ『あわみなこドットコム』
 
南房総ex-press -みなぷれ-