TOP > 南房総的起業人 > 第29回 千倉ロックサービス/ストロベリーポット 鈴木 昌さん

第29回 千倉ロックサービス/ストロベリーポット 鈴木 昌さん

太平洋の温暖な黒潮の恩恵を受け、冬に春の花が咲くことで全国的に有名な千倉町。
その千倉町で潮の匂いを感じながらくつろげるカフェを経営しつつ、そのかたわら鍵屋を経営されている鈴木 昌さんにお話を伺いました。
 
■ご出身や経歴などを教えてください。
出身は群馬県です。学校を卒業して東京の音響会社で7年働きました。退社する前に千倉出身の妻と付き合っていて結婚することになり会社を退職、翌年千倉に移住しました。
運送会社などで7年程働き、平成18年にカフェ(ストロベリーポット)を開業、平成25年に鍵屋の講習を受け2年後に千倉ロックサービスを開業しました。
 
<千倉ロックサービスの鈴木 昌さん(左下) 千倉ロックサービス/カフェストロべリ-ポットの外観(右下)>
 

の画像 の画像

 
■南房総へ移住を決めた理由を教えてください。また、こちらへ来てから行ったことなども教えてください。
妻が南房総市出身なので、自然が豊かな南房総市へ移住することに決めました。
当初は館山市の運送会社で7年程働きました。私はファイアーキングのカップを集めるのが趣味でアメリカから輸入したりしていました。そんなことを続けているうちにカップがどんどん増えてきて、これをインターネットで販売したところかなりの売上になり、「これで生活できるのでは」と考えるようになり運送会社を退職。
カップ販売と同時にカフェも開業しました。カフェでは地元の特産品を提供したいと思い、妻が海女になり天草から寒天を作ってみつ豆やトコロテンを出しています。
 
<ストロベリーポットからの眺め(左下) ファイアーキングのカップ(右下)>

の画像 の画像

 
<自家製寒天を使ったところてん(左下) いちごのクリームあんみつ(右下)>

の画像 の画像

 
■現在の鍵屋を開業した経緯などを教えてください。
ネット販売のブームが去り、カフェの経営だけでは厳しいと感じるようになりました。そんな時東京の友人が遊びに来て鍵屋を勧めてくれました。それから週に2~3日友人の元に通い2年程修行をしました。平成27年9月には「千倉ロックサービス」を開業、平成28年3月に初仕事を行いました。
 

の画像 の画像

 
■鍵屋を開業して困ったことなどありましたか。
2年の修行を終えて鍵屋開業したのですが、講習で学んだ事はあまり役に立ちませんでした。開業当初は手探りの状態で、ノートに記入したり、写真で撮影したり、講習を受けたりしながら技術を習得しました。
最近の鍵は進化が早いので定期的に講習にも参加しています。
 
また、鍵を削る機械は非常に高価で1台100万円以上するものもあります。鍵1本の作成費が740円~なので回収までに時間がかかります。そんな訳でドアの修理、鍵の取付け、鍵開けなどの出張作業を組み合わせています。現在、鍵の作成とその他の作業は半々位でしょうか、
 

の画像 の画像

 
■鈴木さんが考える南房総の良いところを教えてください。
自然が豊かで海があることです。私は、周囲に勧められて41歳でサーフィンを始めましが、海が目の前なのでサーフィンがいつでもできるのが魅力です。
私は南房総が気に入って住む場所を決めてから仕事を決めました。現在は、田舎のサイクルに合った鍵屋の仕事で生活できることに幸せを感じています。
 
■これからやりたいことなどを教えてください。
南房総は1月~3月に花摘みの観光客が多いのが特徴ですが、高齢化が進み花畑が少なくなっているのが心配です。すぐにやりたい事は、カフェの下で借りている畑に花を植えて花畑にしようと思います。
将来的には千倉のシャッター街に店舗を開き、他の店が入って来るようなきっかけを作り、街おこしができたらと考えています。
 
 <店舗下の畑(左下)と千倉町千田の花畑(右下)>
 

の画像 の画像

 

業務内容

 
【店名】千倉ロックサービス(CHIKURA LOCK SERVICE)
【代表】鈴木 昌(すずき あきら)
【住所】〒295-0022 千葉県南房総市千倉町忽戸549-1
【電話】0470-29-5288
【携帯】090-4431-1044
【FAX】0470-44-5522
【定休日】火曜日
【営業時間】11:00~18:00
【ホームページ】http://www.keeplock.jp/
【業務内容】
 ・合鍵作製(住宅、自動車、特殊キーなど)
 ・鍵の交換修理/新規取付け
 ・鍵開け(玄関、自動車、金庫、ロッカーなど)
 ・カフェ(ストロベリーポット)の運営
 
<千倉ロックサービス/ストロベリーポット アクセスマップ>