TOP > 南房総的起業人 > 第26回 ZUKOUSHITU(小さなハイテク木工所)木工エンジニア 戸田 肇さん

第26回 ZUKOUSHITU(小さなハイテク木工所)木工エンジニア 戸田 肇さん

捕鯨や花卉栽培で有名な南房総市和田町で、オーダー製の木工製品を手がける戸田 肇さん。戸田さんは地元の高校を卒業後、建築・設計、家具作りなどを経験し2017年に地元にUターン。今回は、黒鯛の餌箱や木製のハンドバックなど、ハイテクとローテクを駆使した木工所「ZUKOUSHITU」を経営する戸田さんにお話を伺いました。
 

の画像 の画像

 
■ご出身とこれまでの経歴を教えてください。
 
出身は現在の南房総市和田町です。地元の高校を卒業し東京の大学で建築学を専攻。就職は、設計→雑貨と小さいものへと興味を持つようになりました。北陸で9年間木工の仕事に携わり、2017年12月に南房総市の実家にUターンしてZUKOUSHTUを開業しました。元々物を作るのが好きで、最初は建築の仕事に就いたのですが色々とやって行くうちに、企画、作成、営業などを自分一人でやりたいと思うようになり、現在のスタイルになりました。
 
■起業の地を南房総市に決めた理由を教えてください。
 
南房総市和田町の実家に空き小屋があって、両親の体調がわるくなってきたこともありUターンすることに決めました。
 
■起業するまでに準備したこと、苦労したことなどを教えてください。
 
日曜日に趣味レーションを行い、独立した時にどんな物が売れるのか、インターネット販売を利用して、リサーチと試作を繰り返しました。資金は南房総市の補助金を活用し、セルフ改装を行いました。
 
■会社の業務内容や商品の種類について教えてください。
 
ハイテクとローテクを駆使して生活道具を作っています。
「つかいつづけたい」「ありそうでない」をキーワードに、ボンヤリしているあなたの理想を、クッキリ精巧に具現化致します。
基本的にはオーダーメイドで黒鯛用のエサ箱、木のハンドバック、海女桶、オリジナルキーホルダーなどを作っています。写真や手書き文字なども焼き付けて作品にできます。案を出して頂ければ様々なオリジナル製品を作ることができます。
現在は黒鯛の餌箱の注文が多いです。黒鯛釣りはイソメやカニなどの生き餌を使うことが多いので、保温や保湿効果の高い木製の餌箱が向いているようです。
 

 
 左下:キス釣り用エサ箱           右下:黒鯛用エサ箱
 
の画像 の画像

 

 
和竿との相性もいい
 
の画像

 

 
 海女樽桶(海上で休む用、蓋が開閉しない浮き具)
 
の画像 の画像

 

 
  レーザー刻印
 
の画像

 

 左下:振っても落ちない名刺入れ      右下:マネーホルダー
 
の画像 の画像

 

 左下:木の名刺          右下:緻密な車のキーホルダー
 
の画像 の画像

 
  木のハンドバッグ(無着色クリア塗装、留め具も木製、木本来の色、木目を活かしている)
 

の画像 の画像

 

の画像

 
■南房総市で起業してみて感じることは?。都会と比較して良いと思う点や不便だと感じることを教えてください。
 
良いと思うことは加工中の騒音を気にする必要が無いことです。物資の仕入れなどはたまに不便を感じることがありますが、最近は通販が発達しているので、急ぎでなければ問題ありません。
 
■これからやってみたいことなどを教えてください。
 
大量生産ではなく、世の中に1つしかない物を作りたいと思っています。それと、木工の教室を開いたり、木のスピーカー、木のノート、木のミニ四駆やサーキットなどの玩具も作ってみたいです。
 
■南房総市で起業を検討している方へのアドバイスがあればお願いします。
 
都心との気候(高温多湿)の違い、流通の違いなど良く理解した上で、何か夢中になれることがあればコツコツと活動し、夢を実現させてください!。
 

ZUKOUSHITU(ずこうしつ)

 
【住所】〒299-2716 千葉県南房総市和田町中三原501
【電話】080-5607-0846
【駐車場】あり
【業務内容】
【ホームページ】ZUKOUSHITUホームページ
 
<ZUKOUSHITUアクセスマップ>