TOP > 南房総的起業人 > 千倉治療院 はり・きゅう・指圧・マッサージ 加藤真二さん 恵美子さん

千倉治療院 はり・きゅう・指圧・マッサージ 加藤真二さん 恵美子さん

サーフィンで人気の千倉白子海岸近くに令和元年5月1日、古民家をリノベーションした千倉治療院が開院しました。千倉治療院は開業して数カ月と日が浅いのですが、「治療が丁寧」「長年悩まされていた肩こりが楽になった」などの口コミを数人から聞くようになったので、院長と副院長の加藤さんご夫妻にお話を伺いました。
 

 
■ご出身・経歴をお願いします
院長 加藤真二さん
埼玉県桶川市出身です。大学卒業後に大手百貨店に入社し、そこで妻と知り合い社内結婚しました。結婚を機に埼玉県さいたま市に転居し、この4月に南房総市に移住するまでの約25年間、さいたま市に住んでおりました。百貨店では法人外商や労働組合、本社経営企画部門で仕事をしておりましたが、仕事が忙しく体調を崩すこともありました。そんな時に鍼灸や指圧で体調をコントロールできることに驚きを感じ、東洋医学に興味を持つようになりました。そして百貨店を退職し、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得するために全日制の専門学校に入学しました。そこでは、実技はもちろん、西洋医学、東洋医学の知識を3年間徹底的に学び、その後国家試験をパスして、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の免許を取得しました。その後、さらにアドバンスコースとして教員養成科に進学し、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の教員免許を取得するとともに、吉祥寺、代々木、飯田橋の治療院にて、患者様の様々な疾患に対して鍼灸マッサージの治療を行ってまいりました。本年4月末に治療院開業のために南房総に移住しました。
 
副院長 加藤恵美子さん
埼玉県岩槻市(現さいたま市岩槻区)出身です。自分が病気になり、お灸治療を受けたことがきっかけで東洋医学に興味を持ちました。専門学校に入学し、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得後、都内の東洋医学的治療を行うクリニックで医師の助手として働いておりました。主にお灸治療に携わり、お灸の素晴らしい効果を実感する日々でした。また、鍼灸マッサージと漢方薬の相性の良さを知り、治療院を開業する際には漢方薬店を併設しようと決意。ダブルワークで薬店に勤務し、医薬品販売の経験を積みました。趣味は海釣りで海の近くに住むことが夢だったため、南房総への移住は願ったり叶ったりでした。
 
■移住しようと思ったきっかけと南房総市を移住先に決めた理由を教えてください。
南房総の雰囲気が好きで10年程前に毎週のように館山市の平砂浦にサーフィンに来ていました。この頃はまだ南房総に移住するとは考えていませんでしたし、その後段々と仕事も忙しくなりここ数年は南房総に来ることもなかったのですが、治療院を開業するための物件探しの一環として昨年秋ごろから南房総も候補の一つとして再び訪れるようになりました。具体的には館山市のNPO法人「おせっ会」さんの話を伺ったり、不動産物件を何件も見て回りました。私たちは、海釣りやサーフィン、家庭菜園などのライフスタイルも重視していたので、海の近くで畑があり、自宅兼治療院も可能な広めの一軒家を探しておりましたが、たまたまインターネットの不動産情報で良さそうな物件を見つけたので今年の2月に見学に来ました。実際に見学してみると、私たちの希望条件に全て一致したことに加え、その土地から見える景色や潮騒の音、海と土の匂いなど、五感の全てに居心地の良さを感じたので、その場で移住を決めました。
 

【築年数不明の古民家 院内も綺麗にリノベーションされています】

千倉治療院院内の画像
 
千倉治療院院内の正面画像

 
■開業前の準備や開業してから感じたことなどを教えてください。
こちらは築年数不明の古民家であり、自宅部分は一部リフォームも行いましたが、治療院スペースはリノベーション済みで改装などは行わずに済みました。令和元年5月1日に治療院を開業すると決めていましたので、4月末の転居後約10日間で施術に必要な備品を購入するとともに、保健所への開業届などで多忙な日々を送りました。開業後も空き時間を利用して館山のホームセンターまで必要なものを買い出しに通う毎日で、ようやく落ち着いたのは6月中旬ごろでした。いまだに治療院の看板は手作りのままで必ずしも万全な状態とは言えません。
開業しても当面は治療院だけでは食べていけないと想定し、開業前にハローワークで職探しもしました。幸い妻は早朝、私は夜間の仕事を自宅近隣で見つけたのですが、そこでの人脈から多くの患者さんを口づてに紹介していただきました。都心では口コミも雲散霧消してしまうことが多いですが、田舎では良くも悪くも口コミの力がとても大きいと実感しております。
 

 
■現在の業務内容と千倉治療院の特徴を教えてください。
業務内容は、鍼灸、指圧・マッサージと漢方薬の販売です。
治療メニューは下記3コースです。いずれも完全予約制となります。
・鍼灸+指圧・マッサージコース
・美容鍼コース
・指圧・マッサージコース
治療効果を高めるためには急性症状ではほぼ毎日、慢性的な症状であれば週1回程度の施術が適当と考え、患者様が高い頻度で通院しても負担が大きくならないよう、利用しやすい料金体系に設定させていただいております。メインは南房総在住の方々への施術となりますが、南房総に訪れるツーリストの方々にもオプショナルツアーの感覚で楽しみながら鍼灸治療を体験していただけるよう、美容鍼や鍼灸の体験のイベントも行っております。
 

 

 
■加藤さんが考える南房総の魅力とは
海と山に恵まれた土地は数多くありますが、都心からアクセスの良さではナンバー1だと思います。さらに南房総市は内房と外房という全く異なる表情を持つ海に面しているのも魅力の一つです。千倉や白浜でのサンライズ、冨浦でのサンセットは日本を代表する景観といっても過言ではないでしょう。また海だけでなく山の魅力、特に美しい里山の光景は心が癒され、とても気に入っています。
 

 
■これからやってみたいことなどがありましたら教えてください。
仕事の面では、まずは千倉治療院の認知度をさらに高めて数多くの患者様にご来院いただき、安房地域の医療に少しでも貢献できるよう尽力していきたいと思います。さらに都心からのアクセスの良さを生かし、都心でストレスを抱えた方に対して、小旅行と鍼灸治療を組み合わせたヘルスツーリズム、ビューティーツーリズムを提案し、南房総エリアへの来訪者を増加させることで安房地域の活性化に寄与していきたいと思います。プライベートではサーフィンや海釣り、星空観察など、南房総ならではの楽しみを満喫したいと思います。
 
■南房総市へ移住を検討されている方や、この地域で起業を検討されている方へアドバイスをお願いします
起業を検討する際、マーケティングを行うのが通例ですが、おそらくマーケティングをすればするほど南房総で起業する気持ちが遠のくと思います。ですからまずは何も考えず、南房総生活を楽しむことだけを考え移住することをお勧めします。実際に南房総に移住し起業してみれば、マーケティングでは拾いきれないたくさんのメリットを享受することに驚くと思います。また南房総は行政だけでなく、在住のみなさまも移住者をとても温かく迎え入れてくれます。詳細はこちらの文面だけでは伝えきれないので。移住、起業後のリアルな体験談など、お問合せいただければいつでもお話させていただきます。
 
【名称】千倉治療院 はり・きゅう・指圧・マッサージ/千倉漢方薬店
【業務内容】はり、きゅう、指圧、マッサージ、漢方薬販売
【住所】〒295-0003 千葉県南房総市千倉町白子1848-1
【アクセス】JR内房線「千歳駅」徒歩2分
【電話】0470-28-5810
【ホームページ】https://www.chikurachiryoin.com/
【Facebook】https://www.facebook.com/chikurachiryoin/
 
<院長 加藤 真二>
 
• 国家資格 はり師 きゅう師 あん摩マッサージ指圧師
• 鍼灸マッサージ師養成施設 教員資格
• 機能訓練指導員
• 介護予防運動指導員
• (社)老人病研究会認定 認知症専門鍼灸師
• (公社)全日本鍼灸学会会員
• 立教大学法学部卒
• 呉竹医療専門学校卒
• 東京医療専門学校教員養成科卒
• 上海中医薬大学留学 総合コース修了
• 都内(吉祥寺、代々木、飯田橋)及び埼玉県(さいたま市)にて鍼灸あん摩マッサージ師としてキャリアを積んだのち、令和元年5月1日、南房総市千倉町に千倉治療院を開院
 
<副院長 加藤 恵美子>
 
• 国家資格 はり師 きゅう師 あん摩マッサージ指圧師
• 機能訓練指導員
• 医薬品登録販売者
• 中央大学法学部卒
• 浪越学園日本指圧専門学校卒
• 東洋鍼灸専門学校鍼灸科卒
• 併設の「千倉漢方薬店」代表
• 都内の自律神経免疫治療を行うクリニックにて医師の助手として勤務しながら、薬店にて医薬品販売の経験を積んだのち、令和元年5月7日、千倉漢方薬店をオープン。千倉治療院の副院長も務める。
 


 

千倉治療院アクセス