TOP > news

第2回 企業・起業家向け説明会in東京

第2回千葉県南房総市

「企業・起業家向け 説明会in東京」

【開催結果報告】

_

_

千葉県の最南端に位置する南房総市。

気候は、年間を通して過ごしやすく、緑豊かな山々と、三方を海に囲まれた自然環境に恵まれています。

また、山の幸、海の幸にも恵まれ、サーフィンや釣りのスポットとしても有名です。

都心からのアクセスは、東京湾アクアラインを使い、車で約70分。光ファイバーが市内全域で使用可能で、

都心との情報格差はありません。

アクセスの良さ、豊かな自然環境は、新たなビジネスの場、生活の場として充分な可能性を秘めています。

南房総市は、そんな市の魅力を、より多くの企業・起業家の皆さまに知っていただき、新たなチャレンジの場として検討していただきたいと考えています。

そこで、昨年12月に引き続き、2月26日(水)東京・神田の「ベルサール神田」にて

『第2回 千葉県南房総市 企業・起業家向け説明会in東京』を開催。

南房総市への移住または起業を検討されている、東京・千葉・埼玉在住の計8名の方々にご参加いただきました。

 

当日は、参加者の方々と市内事業者の方々、また南房総市職員との間で活発な意見交換が行われ、予定時間を延長するほど、熱気にあふれる説明会となりました。

 

  <スケジュール>

   【第1部 説明会】  18:30~19:35

 

     ◇南房総市の概要説明

     ◇空き家バンク/農業施策のご紹介

     ◇市内事業者による事業紹介など

     ◇第1回市内見学会のご報告

   【第2部 懇談会】  19:35~20:30

____________________________________________________

―説明会詳細―

 

第1部 18:30~20:10

南房総市の概要説明

 市の成り立ちやアクセス、南房総市の豊かな自然環境や生活情報といった基本情報の他、

 各種支援制度をご紹介しました。

  CIMG4750   CIMG4736

(東京・千葉・埼玉より8名の方々が参加)

空き家バンク/農業施策のご紹介

 続いて、住まいの支援制度として、次の3つをご紹介しました。

 

  ◆空き家バンク制度 ( http://www.akiya-navi.com/minamiboso_akiya_bank/  )

    「居住していない市内の空き家」と、移住希望者を橋渡しするシステムです。

  ◆住宅取得支援制度 ( http://minamibousou-sangyoushinkou.jp/0000000788.html )

    市内において住宅を建築または購入する、一定の条件を満たす人を対象として奨励金を交付しています。

  ◆コミュニティシート

    各行政区の地域情報を盛り込んだシート。

    区長の連絡先や回覧板の手順といった地域のルールなどが網羅されており、移住者が地域にスムーズに

    溶け込めるように、同市市民課や各地域センター窓口で配布しています。

 

  CIMG4739   図2

                            (コミュニティシート)

 参加者の方からは、次のようなご質問があり、市としての取り組みをご紹介しました。

  Q.観光人口を増やすための施策として、どのような取り組みをされていますか?

 

  A.取り組みのひとつとして、映画、テレビドラマ、CMなどのロケーション撮影を誘致する、

    フィルムコミッションを進めています。

    具体的な例としましては、(株)NTTドコモのLTEのCM撮影(出演:渡辺謙さん/

    ボクシング金メダリスト 村田諒太さん)は、南房総市岩井海岸で行われました。

    また、トヨタ自動車(株)のCM(ポルテ/出演:乙葉さん)では、道の駅『とみうら枇杷倶楽部』の駐車場

    が使われています。

 

市内事業者による事業紹介等

 

 ①うなぎ・小料理 新都(しんみやこ)

   若旦那 長島 富郎さま

    -Profile-

     南房総市和田町出身で、辻調理師専門学校を卒業後、金沢の料亭旅館や東京の割烹で計10年勤務。

     2006年4月に、ご実家である、創業70年の「うなぎ・小料理 新都(しんみやこ)」に戻り、

     三代目若旦那を襲名。南房総の旅雑誌などでは必ず登場し、世代を超えて愛される老舗。

        WEB:  http://www3.plala.or.jp/shinmiyako/index.html

 

   MINOLTA DIGITAL CAMERA      くじら料理と月見の会3

    (長島富郎さま/ご家族)  (地域との関わり『くじら食文化研究会 おかみさんの会』)

 

  Uターンして、ご実家を引き継いだ市内事業者として、市内のお客様を定着させるための取り組みや、

  移住者に対する市民の意識などについてお話ししていただきました。

 

   CIMG4747   CIMG4754

   ◆市内のお客様を定着させるための取り組み

    「うちの店のお客様の8割は、地元の方です。

     その8割をキープするために心がけているのは、出来るだけ同じクオリティを保ち続けることです。

     情報発信の面では、地元紙に広告を出したり、『南房総いいとこどり(市の観光WEBサイト)』にお店の情報

     を掲載しています。」

   ◆市外のお客様へのPR方法

    「市外のお客様は、既存のお客様の口コミやご紹介で来店されることが多いです。情報発信としては

     『南房総いいとこどり』を利用しています。」

   ◆地域との関わり

    「首都圏と比べれば、こちらは小さいコミュニティですから、ある程度の人付き合いは必要です。

     地域の活動や祭礼などは、大変でもありますが、顔見知りになることでお店に来ていただいたり、

     時には食材などの仕入れ先の相談に乗ってもらったりといった助け合いがあります。」

   ◆移住者に対する市民の意識

    「私は積極的に関わりたいと思いますし、周りの方もおおむね歓迎していると思います。」

  移住を検討される方の中には、「近所づきあいの濃度」を心配される方も少なくないようです。しかし、

  小さいコミュニティだからこそ、首都圏にはない温かい人とのつながりがあり、またそのつながりを

  大切にすることが集客につながっている、というお話しが印象的でした。

 ②シラハマアパートメント

   オーナー 多田 朋和さま

    -Profile-

     香川県ご出身で、大学卒業後は東京を中心に営業職やインテリア関連の仕事に従事。

     2010年4月に“関東最南端のカフェ&シェアハウス”と銘打った「シラハマアパートメント」を起業。

     4階建ての建物を自ら改修し、現在は、1階をカフェ、2階をゲストルーム、3階を賃貸として

     営業されており、市内をはじめ、県の内外からも多くの方が訪れます。

     「都内と南房総市の2拠点で生活出来る人たちを増やす」をテーマに、イベント企画やデザインなど

     様々な取り組みを行っており、東京でも内装のお仕事をされるなど精力的に活動されていらっしゃいます。

        WEB:  http://www.shirahamaapartment.com/top.html

 

   オーナーの多田 朋和さん   DSC_2348

       (多田 朋和さま)        (シラハマアパートメント外観)

 

  移住起業家のお一人として、市外からお客様を呼び込む取り組みや、シラハマアパートメントの複合的な事業展開

  などについてお話ししていただきました。

 

   CIMG4758    CIMG4759

  ◆お客様の割合/市外からお客様を呼び込む取り組み

   「シラハマアパートメントへ来られるお客様は、約5割が市外からで、3割が市内、2割が南房総地域への

    移住のための準備期間として、シラハマアパートメントを訪れ、カフェやゲストルームを利用する方達です。

    そのため、FacebookやtwitterなどのSNSを利用して、常に新しい情報を発信するようにしています。」

  ◆地域との関わり

   「シラハマアパートメントでは、不定期にライブや映画上映会等のイベントを開いています。

    そこには、移住者の方だけでなく、多くの地元の方々にも来ていただいています。」

  3月からは建物内に学習塾を迎え入れ、ますます人が集まる場所として、コミュニティを形成しつつある

  シラハマアパートメント。雄大な太平洋に面して建てられた建物と素敵な内装は、CMなどの撮影でも使われて

  おり、また多くのメディアにも取り上げられています。

  アイデアと行動力をもって、南房総市が持つ魅力を最大限に活かしたビジネスをされている多田さんのお話に、

  参加者の方々も興味津々でした。

 

 ■第1回市内見学会のご報告

  1月25日(土)に行われました 第1回千葉県南房総市 市内見学会

  「企業・起業家向け移住・交流体験ツアー」を、スライドショーや参加者の声と合わせてご紹介しました。

  CIMG4763 図1 555

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

第2部 20:10~20:45

 ■懇談会

  続いて第2部は、軽食を交えた懇談会。

 

  CIMG4777   CIMG4773

 

 参加者の方々には、南房総市への移住・起業について、具体的に検討・行動されている方が多く、市内事業主の

 お二方、また南房総市職員との間で、熱を持った意見交換が行われました。

____________________________________________________

 

 以上、第2回千葉県南房総市「企業・起業家向け 説明会in東京」の開催報告でした!

 ご参加いただきました皆さま、そしてご協力いただいた事業主の皆さま、ありがとうございました!


3月8日(土)企業・起業家向け 移住・交流体験ツアー開催のお知らせ

“来たれ、ミナミボウソウ的起業人!“

第2回 千葉県南房総市 企業・起業家向け 移住・交流体験ツアー

3月8日(土)

※開催は終了致しました。

後日、当ポータルサイトにて開催結果をご報告致します。

 

  千葉県の最南端に位置する南房総市。

  気候は年間を通して温暖で、緑豊かな山々と、三方を海に囲まれた自然環境に恵まれています。

  また、びわや黒あわびをはじめとした山の幸、海の幸にも恵まれ、サーフィンや釣りのスポットとしても

  有名です。

  都心からのアクセスは、東京湾アクアラインを使い、車で約70分。光ファイバーが市内全域で使用可能で、

  都心との情報格差はありません。

  アクセスの良さ、豊かな自然環境は、新たなビジネスの場、生活の場として充分な可能性を秘めています。

  南房総市は、そんな市の魅力や可能性を、より多くの企業・起業家の皆さまに知って頂いた上で、

  新たなチャレンジの場として検討していただきたいと考えています。

  そこで、好評だった本年1月の第1回市内見学会に引き続き、

  「第2回 千葉県南房総市 企業・起業家向け 移住・交流体験ツアー」を開催することとなりました。

  「いつかは田舎で暮らしたい」

  「自分らしく仕事がしたい」

  「新たなビジネスの場はないだろうか・・・・・・」

  そんな皆さまに、お得な情報がいっぱいの移住・交流体験ツアーです。

  この機会に是非、南房総市でのビジネス・生活を始めるきっかけを、考えてみませんか?

  KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA  etoko_00706

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

-ツアー詳細-

 

 

 ■実施日    2014年3月8日(土)

         ※開催は終了致しました。

          後日、当ポータルサイトにて開催結果をご報告致します。

スケジュール

         10:00 【集合】 道の駅「とみうら枇杷倶楽部」

             (※市内はマイクロバスにて移動)              

 

               ①[訪問] NPO法人 1/f 計画   <移住・就農民間支援団体>

                     ◆活動紹介+移住者体験談

                     ◆昼食+座談会

 

               ②[見学] 空き家バンク物件見学

 

               ③[訪問] 空き家バンク利用者による体験談

 

               ④[訪問] BLUTO’s CAFE     <飲食・宿泊・賃貸業>

                     ◆事業紹介+施設見学

 

               ⑤[訪問] 株式会社 田村農園    <農業>

                     ◆食用菜花摘み体験等

 

         16:45 【解散】 道の駅「とみうら枇杷倶楽部」

 ■対象者   南房総市での起業・または市内への移住にご興味のある方

 ■定 員   15名様まで

 ■参加費   お一人様 1,500円(昼食/体験費用含む)

           ※集合場所までの交通費や、宿泊される際の費用は自己負担でお願い致します。

 ■内 容    南房総市での「起業」に加えて、「暮らしと住宅探し」に焦点を当てた市内見学会です。

         市内の各地域をマイクロバスで巡り、実際に移住・起業した事業主の「働く場の訪問」や、

         生活や住宅探しに関する「官民双方の支援体制」の実例をご紹介します。

 ■チラシ 

     第2回市内見学会 告知チラシ

 

 ■とみうら枇杷倶楽部までのアクセス  ※高速バスでのアクセスが便利です。

     図2

       ホームページ http://www.biwakurabu.jp/

 

   【高速バスをご利用の場合】

      ◇東京駅八重洲口南口(7番乗り場) → とみうら枇杷倶楽部前 片道2,400円

           JR関東バスHP http://time.jrbuskanto.co.jp/bk040440.html

   【車をご利用の場合】

      ◇川崎(アクアライン) → (館山自動車道) → 木更津IC経由 → 富浦IC

      ◇東京(京葉・湾岸道路) → 宮野木ジャンクション → (館山自動車道) → 木更津南IC経由

         → (富津館山道路) → 富浦IC

           NEXCO東日本 ドラぷらHP http://www.driveplaza.com/dp/SearchTop

   【JR内房線をご利用の場合】

      ◇東京 → (千葉) → 蘇我 → 木更津 → 富浦

         ※JR富浦駅よりタクシー(3分)または、町営バスが利用できます。

           昼夜タクシー ☎0470-27-2411

   【フェリーをご利用の場合】

      ◇久里浜(東京湾フェリー35分) → 金谷 → 富津金谷IC → (富津館山道路) → 富浦IC

           東京湾フェリーHP http://www.tokyowanferry.com/index.html

 ■お申込み

   メールまたはお電話にて、お申込み願います。

   株式会社マインドシェア 担当 古山(フルヤマ)まで

      電話 : 03-5232-6866

     メール : 下記事項を明記の上、n-furuyama@mindshare.co.jp までご連絡下さい。

    応募締切: 2014年3月6日(木)17:00まで  ※開催は終了致しました

            ※先着順です。定員に達し次第、締め切らせて頂きます。

   _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

   メールタイトル: 「第2回 南房総市 市内見学会について」

     ・お名前(フリガナ)

     ・所属先

     ・ご住所

     ・電話/携帯番号

     ・ご参加される動機

   _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

   【個人情報の取り扱いについて】

    お送り頂いた個人情報は、株式会社マインドシェアが適切に保管・管理し、

    「第2回 千葉県南房総市 企業・起業家向け 移住・交流体験ツアー」に関わる業務、

    および運営に必要な範囲で使用致します。

    ご本人様に無断で第三者に開示・提供することはありません。

 ■本事業に関する問い合わせ先

    株式会社 マインドシェア 南房総市経済施策推進事業デスク (担当:古山)

     〒108-0073 東京都港区三田3-2-8 Net2三田ビル

     TEL 03-5232-6866  FAX 03-5232-0586 Email: n-furuyama@mindshare.co.jp

      ※受付時間 平日9:30~17:30(土・日・祝日休業)

    南房総市役所 商工観光部 商工観光課  商工振興グループ (担当:真田)

     〒299-2492 千葉県南房総市富浦町青木28番地

     TEL 0470-33-1092  FAX 0470-20-4230 Email: hideaki.sanada@city.minamiboso.chiba.jp

 


第1回市内見学会「企業・起業家向け移住・交流体験ツアー」

第1回千葉県南房総市 市内見学会

「企業・起業家向け移住・交流体験ツアー」

【開催結果報告】

「いつかは田舎で暮らしたい」

「自分らしく仕事がしたい」

「新たなビジネスの場を探している・・・・・・」

_

そうは言っても、現地を知らずに行動するのは不安なもの。

_

『実際に移住し、起業した方々はどのように考え、どのように働いているのだろう・・・????』

_

そんな皆さまの声に応え、1月25日(土)、南房総市内へ移住・起業した方々の『働く場』を訪問する、

第1回千葉県南房総市 市内見学会「企業・起業家向け移住・交流体験ツアー」を開催しました。

_

当日は、最高気温15.6℃という冬晴れの中、南房総市への移住または起業を検討されている、東京・千葉・埼玉在住の計15名の参加者にお越し頂き、マイクロバスにて市内を巡りました。

縦長の南房総市を半日かけて一周するため、少し駆け足のツアーとはなりましたが、当日は、様々な質問が飛び交う、双方向的な市内見学会となりました。

_

 < 行 程 >

   11:00 【集合】 とみうら元気倶楽部

         ①[昼食] オドーリ・キッチン        <イタリアンレストラン>

         ②[見学] シラハマアパートメント      <関東最南端のCAFE&ROOM>

         ③[見学] ハーブちくら海辺のハーブガーデン <ハーブ栽培>

         ④[見学] 田倉ファーム            <イタリアン野菜栽培>

         ⑤[見学] 家具工房つなぎ          <手作り家具工房>

   17:15 【解散】 とみうら元気倶楽部

_

____________________________________________________

見学会詳細―

_

オドーリ・キッチン

 昼食をとりながらの自己紹介タイム。

 未来のご近所さんになるかもしれない互いのお話しに、皆さまもフォークを止めて、

 耳を傾けていらっしゃいました。

_

  自己紹介 南房総市の特産品を使った料理 オドーリ・キッチン外観

      (自己紹介タイム)     (南房総市の食材を使った料理)   (オドーリ・キッチン外観)

   【参加者の声】

    ■個人で現地をリサーチするには限界を感じていたため、本見学会は良い機会だと思った。

    ■移住と起業をセットで検討している

    ■夫婦での移住+起業を検討している(2組)

 続いて、「南房総市ってどんなところ?」をテーマに、市の成り立ちやアクセス、市内の豊かな自然、

 農林水産物といった基本情報の他、各種支援制度をご紹介しました。

                  見学会はリラックスしたムードでスタート

                (見学会はリラックスしたムードでスタート)

   -Profile-

     オドーリ・キッチン

     2011年オープンしたイタリアンレストラン。海が見える開放的な雰囲気の中で、『さんが焼きと菜花の

     トマトソース スパゲッティ』など、地元の食材にこだわった料理を楽しめます。

        住所: 南房総市 白浜町白浜3555-1  / WEB:  http://odori-kitchen.com/

        電話: 0470-38-5470

_

シラハマアパートメント

 房総半島の最南端、南房総市白浜町にある「シラハマアパートメント」をご訪問。

 オーナーの多田 朋和さんは、4階建ての建物を自ら改修し、現在は、1階をカフェ、2階をゲストルーム、

 3階を賃貸として営業されています。

    オーナーの多田 朋和さん  シラハマアパートメント外観

      (オーナーの多田 朋和さん)       (シラハマアパートメント外観)

_

[1F] and on cafe  [2F] ゲストルーム2  [3F]クリエイターをされているというある利用者の部屋

   (1F and on café)      (2F ゲストルーム)      (3F クリエイターをされている方のお部屋)

_

 多田さんが、雄大な太平洋に面して建てられた各部屋の扉を開くたびに、参加者の方々からは

 「おーっ」と驚く声が聞こえていました。清潔でおしゃれな内装は、かつて企業の社員寮として使われていた、

 築40年以上経った建物とは思えないほどです。

 建物の中を移動しつつ、参加者の方々は様々な質問を投げかけていました。

 移住する際、住む家は仕事と同じくらい大切だと思います。

 「アイデア、技術、信念があれば、都内と南房総の2拠点居住という選択肢もあることを発信していきたい」と

 多田さんは話されます。

 複合的な仕事を手掛けつつ、新しい生活スタイルを提案する多田さんのお話しと、素敵なロケーションに、

 見学された皆さまも興味津々でした。

   【参加者の声】

     ■自分に最も近い起業のイメージだった。

     ■移住前の市内リサーチのため、仮の拠点としてゲストルームを利用したい。

     ■都内と南房総市の2拠点居住という選択肢に魅力を感じた。

   -Profile-

     シラハマアパートメント

      関東最南端のカフェ&シェアハウス。不定期にイベントやライブなども開催している、白浜地区の

      アジト的複合施設。

      今回、特別に公開して頂いた3階の賃貸スペースは、CMなどの撮影でも使われている。

        住所: 南房総市白浜町滝口6734-2 / 電話: 0470-38-4448

        WEB:  http://www.shirahamaapartment.com/top.html

      Facebook: https://www.facebook.com/shirahamaapartment

ハーブちくら

 続いて房総半島の東側。南房総市千倉町にある「ハーブちくら海辺のミニガーデン」をご訪問。

 代表の佐々木 裕美さんは、『千倉を「花とハーブのまち」に!』をテーマに、休耕地を再活性化させる観光ハーブ園

 作りや、 ハーブ畑の運営、ワークショップの開催等の活動をされています。

  代表の佐々木裕美さん  造成中のハーブガーデン  販売用のハーブ畑

   (代表の佐々木裕美さん)    (造成中のハーブガーデン)       (販売用のハーブ畑)

 佐々木さんにはまず、現在整備中のハーブガーデン前で、これまでの経歴や、移住に至った経緯などをお話しして

 頂きました。環境問題や利益追求型の社会構造に疑問を感じた、というお話しには、大きくうなずく参加者の姿も。

 その後、ハーブガーデン奥にある、販売用ハーブを育てる畑を見学。シーズンでは無かったものの、

 女性参加者の中には、背の低い苗に鼻を寄せて、微かに薫るハーブの匂いを楽しんでいた方もいらっしゃいました。

_

    栽培・加工したハーブ製品  浄化の作用があると人気のホワイトセージ

     (栽培・加工したハーブ製品)    (浄化の作用があると人気のホワイトセージ)

_

 自分が食べる分だけの作物は、小さな自給農でまかない、残りの時間は自分のやりたいことに費やす

 「半農半X(エックス)」という佐々木さんのようなライフスタイル。

 パッケージされた珍しいハーブの数々もさることながら、佐々木さんのお話しをもっと聞きたそうな皆さまでした。

_

   【参加者の声】

     ■今度はプライベートでゆっくり訪問したい

     ■「半農半X(エックス)」のスタイルに大変興味を持った

     ■精力的に活動する姿に勇気をもらった

_

   -Profile-

     ハーブちくら海辺のハーブガーデン

      休耕地を利用したハーブ栽培や観光ハーブ園作りに加え、ハーブを利用したランチ会・栽培講習会、

      アロマ講習会の開催など幅広く活動。

      春ごろには「ハーブのオーナー制度」を開始する予定。活動にご協力頂ける方も募集中。

        住所: 南房総市 千倉町瀬戸  / WEB: http://chikuraherb.jugem.jp/

       メール: chikuraherb@gmail.com

     Facebook: https://www.facebook.com/Habuchikuragaden

_

④田倉ファーム

 次は南房総市の北側、和田地区の中山間部にある「田倉ファーム」をご訪問させて頂きました。

 代表の田倉 剛さんは、2011年に移住・独立され、現在、完全無農薬・無化学肥料で西洋野菜(イタリア野菜)を

 栽培。自ら飛び込み営業し、販路の拡大もされています。

 昼夜の温度差が激しい中山間部で栽培される野菜は味が濃く、都内の人気イタリアンレストランでも

 使われています。

 代表の田倉 剛さん  畑では西洋野菜を中心に80品目以上を栽培

   (代表の田倉 剛さん)    (畑では西洋野菜を中心に80品目以上を栽培)

 当日は、複数ある畑の中でも、最も西洋野菜を多く栽培されている畑を見学させて頂きました。

 田倉さんには、これまでの経歴や、農業の道に進もうと思われたきっかけ、また農業こそビジネス的な考え方が

 必要であるといったお話しをして頂きました。

_

 ご自身の畑の前で  動物除けの電線も完備

      (ご自身の畑の前で)         (動物除けの電線も完備)

_

 「一次産業で生活出来るのか?」「地元の人は畑を貸し渋りしないのか?」といった鋭いご質問もありましたが、

 田倉さんはご自身の言葉で、「アイデア、信念、行動力があれば、南房総市は、新しいことにチャレンジ

 出来る場所であり、結果を出せる場所である」ということをご説明されていました。

_

   【参加者の声】

      ■一次産業のみで生計を立てている姿に勇気づけられた。

      ■休耕地を貸し出すことに寛容な地域もあると知り、興味深かった。

   -Profile-

     田倉ファーム

     3K(キツイ・汚い・稼げない)とも揶揄される農業。田倉さんは「かっこよくて、稼げて、希望がある」、

     そんな3K農業を目指し、日々奮闘していらっしゃいます。個人宅への配送にも対応。詳しくはWEBで。

       住所: 南房総市 和田町布野190-1 / WEB: http://takurafarm.jimdo.com/

       電話: 090-8961-0331

      メール: taku-rambo@ezweb.ne.jp / takeshi551210@yahoo.co,jp

⑤家具工房つなぎ

 最後は、南房総市の玄関口である富浦にほど近い、三芳地区の「家具工房つなぎ」をご訪問。

 三芳地区は酪農と農業が発展した地域であり、みかん狩りで有名な場所でもあります。

 舎長の中田洋之さんは、お隣の館山市で生まれ育ち、東京の大手コンサルタント会社で活躍後、

 2010年にUターン。

 空いていた牛舎を再利用する形で、2011年に起業。一面に田園風景が広がる中、木材を使用した家具や、

 暮らしの道具を作り、販売されています。

 舎長の中田 洋之さん  牛舎をご自身で改築

     (舎長の中田 洋之さん)      (自身で牛舎を改築し工房に)

_

 中田さんは、限られた時間の中、参加者の方々に向けて、「みなさんの今日一番お聞きになりたいことは、

 果たして南房総市でやっていけるのかどうかということではないでしょうか」と投げかけ、次のようなお話しを

 して頂きました。

   ◆現在はとても恵まれた時代で、物も情報も、本人のやる気次第でなんでも手に入る時代

   ◆「やれるかやれないか」ではなく「やるかやらないか」

   ◆ご自身の開業準備から現在に至るまでの具体的な取り組み

_

様々な器具が並ぶ工房の中にて  1月にオープンしたギャラリー&カフェ

 (様々な器具が並ぶ工房の中にて)  (1月にオープンしたギャラリー&カフェ)

_

 参加者の方からは、「集客」についての質問もありましたが、計画的に事業をステップアップされている

 中田さんのひたむきな姿勢に勇気づけられた方も多かったのではないでしょうか。

_

   【参加者の声】

     ■事業の計画をざっくり立てる、というお話しがためになった。

     ■1人でやってらっしゃる姿に勇気付けられた。

     ■今の生活にイキイキした様子をうかがえた。

_

   -Profile-

     家具工房つなぎ

     「家具づくりを通して世の中の『つなぎ』になる」という事業理念のもと、手作り家具を作られています。

     先日は家具工房つなぎのショールーム兼セルフカフェの「CAFEべこ舎」をオープン。

     徐々に販路を拡大されています。

       住所: 南房総市 上堀230

       TEL: 090-1605-0474  /メール: tsunagi.kagu@gmail.com

       WEB: http://blog.goo.ne.jp/equrl118

             ※本見学会の内容も↓ 中田さん、ありがとうございます!

           http://blog.goo.ne.jp/equrl118/e/356f038cf3325e9943945bb4c6299193

 

__________________________________________________

_

以上、第1回千葉県南房総市市内見学会「企業・起業家向け移住・交流体験ツアー」の開催報告でした!

_

                集合写真

見学会にご参加頂きました皆さま、ご協力頂いた起業家の皆さま、ありがとうございました!!

今後の活動予定は次の通りです。

_

  ■2月26日(水) 第2回 説明会 in 東京 

  ■3月 8日(土) 第2回 市内見学会 in 南房総市

_

詳細は決まり次第WEB等でお知らせ致します!ご期待下さい!!